ある素敵な奥様

 

実家のご近所。

毎朝、歩道の掃除をしている60代くらいの奥様。

朝5時50分くらいには、雨の日も風の日も家の前を掃除している。

(雪の日は雪かきをしている)

 

今時と言ってはなんですけど、竹ボウキのようなものを使っているので、

毎朝、「シャーっ、シャーっ」と歩道を削っているかのような音を出して掃除をしています。
毎日の日課で何十年もしているようで、専業主婦で、朝以外はあまり外出をしていない。

それに比べて、うちの近所。

ゴミ収集所もあるせいか、散らかされ、カラスが多く、匂いが漂っています。

自分が掃除すればいいけど、会社に行くのでゴミ出しくらいが精一杯。

こういうのが言い訳ですが、朝は眠い。しんどい。空気と水を吸うのがやっとという始末。
なので、あの、掃除をしている専業主婦はすごい!と言わざるを得ない。

「子育てが終わった専業主婦だから、時間の余裕がサラリーマンよりある・・・」

と言うのも、なんかこっちの負け惜しみのようで言えない。

 

毎朝のホウキの音、綺麗な歩道、

あの家の前を通ると、あの奥様を思い出す。

 

こんなことを考えました。

「人って、変に目立とうとしたり、大きな成果を出したりしないでも、人に与える影響って残せるんだな」って。

スポーツ選手や、タレントを毎日テレビで見てアピールされているけど、印象に残らない人が多い。

でも、早朝の掃除だけで、人に自分の印象を残せるなんて、すごいことなのかな、と。

もし、あの掃除の奥様が、若くて綺麗だったら、近所の男子は釘付けです。笑
もし、あの掃除の奥様の代わりに、選挙区の政治家だったら、一票入れてしまうかも。笑
もし、タレントを目指す若者だったなら・・・もし、小さな子供だったら・・・。

何かプレゼントしたくなってしまうかも知れませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です